スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

section13先行カットがホラー風味

赤い絶叫キース、眼からビームジョミー、後ろから忍び寄るマザー・イライザの影!逃げて!!…って話じゃないはず。(そらそうだ)

でも一番怖いのは、素っ裸のキースを取り囲む大中小沢山のジョミー。キースのヌードはサービスショットですか。しかしあの眉ではサービスにならないんじゃないかと。脱がさなくて良いから(脱がしても良いけど/どっちだよ)、あの面白眉毛どうにかしてください…。

ナスカの地球フォーミングに失敗した家族が残していった肖像画が一枚。父母娘。見つめるジョミーとフィシスは何を語り合うのか。まさか「私たちも子供を作りましょう!」とか。(ないないない)

フィシス様が初めてナスカに降り立たれます。
「お嬢様、お手をドウゾ」のジョミーと「うむ、苦しゅうない」のフィシスのカットがめちゃめちゃ可愛い。

キースがジョミーと直接対決。サイオネシスも飛び道具もあるのに最後は肉弾戦。意外と体育会系。(あ、キースは軍人だから意外じゃないか。)

トォニィどこー?ナキネズミどこー?
癒しアイテムの見当たらないsection13、殺伐とした雰囲気が漂いそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : キース

地球へ…っぽいかも

テレヴィジョン・シティ〈上〉 テレヴィジョン・シティ〈上〉
長野 まゆみ (1996/07)
河出書房新社
この商品の詳細を見る


オマージュはあると思います。

15億キロの彼方にある碧い惑星に憧れ、いつかその星へ帰りたいと望む少年。
体の機能がどこか欠落している。
完璧に管理されたビルディングに住み、生徒と呼ばれている。
管理するものにとって不都合な記憶は削除され、上書きされる。
ママとパパは碧い惑星に住んでいるという教育上の概念。
実は碧い惑星には誰も住んでいない。(環境汚染によって人が住めない星になった。)

…あれ?SFにありがち設定だけだった?
主人公のアナナスをキース(アニメ版)、同じ部屋で暮らしているイーイーをシロエと思って読むと、ちょっと切なくなります。二人とも同い年14歳設定で。

以下、物語の重要な部分も含むネタバレ「テレビジョン・シティ」レビューですので、本作をお読みになっていない方は見ない方が良いと思います。無駄に長いし。

続きを読む »

pooで版権お題が「地球へ…」に!

お絵かきBBS.com/
期間は6/25~6/29。それはそれは目の保養です。
こういうお祭り気分、大好きです。
浮かれて参加してきました。
poo1


もう一枚くらい描きたいなぁ。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

section12:孤独なるミュウ

サムが「地球の歌」(タイトルなんだっけ?)歌ってるよ…!脚本にあったのかアドリブなのか無駄に気になります。「かみほー」ですよ、かみほー。アタラクシアで懐メロとして流行ってたんでしょうか。

続きを読む »

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : マツカ キース スウェナ サム フィシス

テラFES告知見てきました

地球へ…公式サイトより。

■イベント概要
地球へ… 公式ファンイベント「テラFes 2007」 
開催日:7月22日(日)
場所 :都内23区某所
時間 :14時開演予定
募集定員:300名
出演者(予定):ジョミー役:斎賀みつきさん、ブルー役:杉田智和さん、キース役:子安武人さん、
マツカ役:高城元気さん、原作者:竹宮惠子先生

■応募期間
2007年7月8日(日)24時まで



応募はネットのみ受付。

あと一ヶ月しかないよ!すげぇ急に決まったんでしょうかね。
連れてってピーターパン!

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : テラFES

お花をあげに行くんだよ

tony

ちみっ子トォニィの可愛らしさの1%も描けませんよ。凹
ナキネズミレインとトォニィのコンビはジョミーの最大の癒しアイテムだと思います。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

脳内メーカー

名前を入力すると脳内の割合を図で表示してくれるewbserviceを見つけたので、さっそく「ジョミー・マーキス・シン」でやってみました。
どんな名前入れても大笑いな内容になることは間違いないんですが。
brainmaker

うそこメーカー


…こんなソルジャー嫌だあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

これね、最初「マ」を「ま」と誤変換してやったバージョンのほうもあるんですよ。

続きを読む »

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ジョミー・マーキス・シン

section12先行カット早っ!!

なんて早さだ…神よ!

とか言ってみたかったので。

マジ、どうしちゃったんですかってくらい早いんですが、これを見て土曜まで悶々としなさいというプレイですか。(どんなんだ)
Mの人(その言い方は…)マッカがいきなり涙目でご登場。キースがマッチョでびっくり。変な眉毛が直ってて良かったねキース。と思ったら下まつげが。あ!ピアスが!
スウェナがキースと接触してニワトリメガネが出てきてサムが多分キースに癒されてナスカっ子がいきなり3人も増えててユウイもびっくり。
それにしてもこのちみっ子トォニィの可愛らしさといったら、ナキネズミも困り顔になりますよそりゃ。
ママさんズが3人ともオリジナルかな?さすがに他作品のキャラに子供まで生ませられなかったか。

早く土曜にならないかなー。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : マッカ

section11:ナスカの子

本日最大のイベント、自然出産が行われてました。

カリナの思念波で、出産の痛み、苦しみ、そしてうまれた瞬間の喜びと充足感を「ミュウ達全員が」共有した演出はものすごーーーく良かったと思います。
男の人にも「出産」がどういうものか分かるって、人間ではありえないことなので。女性を尊敬し、大切にする文化になるでしょう。ミュウの男達は全員、尻に敷かれることになるかも。
「あの痛みは嫌だけど、こんな喜びを得られるなら…」というようなことをルリが言ってました。これをきっかけに、ナスカの子供が次々生まれるんですね。
「よく頑張ったね…」のカリナの台詞で泣きそうになりました。カリナも頑張ったよ!
カリナに花冠を作ってあげちゃうユウイもかわいい。何もできないのは分かってても、落ち着かないんだよね。微笑ましかったです。
カリナユウイの赤ちゃんに「トォニィ」という名前がつけられました。
「最初の贈り物(プレゼントだった?)をしなくちゃね」って台詞も良かったです。

で、ついでに(?)ナキネズミにも名前が!名前は「レイン」。恵みの雨のレイン

今まで名前をつけなかったことを、みんなにやいのやいの言われて、おろおろするジョミーが可愛かったです。連絡船から飛び降りるところとか、トマトを丸かじりするところとか、「ソルジャー・シン」ではなくて「ジョミー」として描かれてるように見えました。こんなやんちゃもたまには良い。
長老達と若者達の間で悩むシーンとのいい対比になりました。

地平線に沈む二つの太陽、乾ききった赤い大地。地球とは違う。
地球に行って人類と戦って、ミュウの虐殺をやめさせなければならない。でも、できるならこれ以上血を流さずに、宇宙の片隅で平和に暮らしたい。
自分達の平和の影に、生まれてはゴミのように処分されていくミュウ達がいることに目をつぶって?
できないよね…ブルーの過去を知ってしまったジョミーだから。ブルーの記憶を、ジョミーの中で少し柔らかめにフィルタリングして、若いミュウに見せてあげるって手は無しなんでしょうか。
長老達と若者達の格差を埋めることに腐心するジョミー
すっかり中間管理職ですよ。長なのに。

一方、シャングリラのブリッジではウィリーが木でウサギらしきものを彫ってる!
それをブラウ姐さんに見つかって赤面。
「かわいいとこあるじゃん」ってブラウ姐さん素敵!
ステルスデバイスのオーバーホールが必要だというところのやり取りがすっごく好き。
「どっちも悪いじゃないか」
「程度の問題さ」
ウィリー、ブラウ姐さんの尻に敷かれてるよね、絶対。長年連れ添った夫婦みたいでこのコンビ大好き。

地球側。
サムが洗脳されてる!うっかりジルベスターセブン(ナスカ)の重力圏にワープ(させられて)、ジョミーと遭遇。
洗脳されてなければ、ジョミーと抱き合って素直に再会を喜ぶことができたんでしょうか。
このへんの「洗脳」ってのがどうも、小手先過ぎていけない気がします。もっと「ミュウは人類の敵」ってのを刷り込まれて、ジョミーが「ミュウだから」ナイフで刺したという流れでないと、ミュウ対人類の確執としては弱すぎるというか。
まあ、「悪いのは人類ではなくてテラズコンピュータだ」っていきなり核心を突く発言をジョミーがしてるので、これでいいのかもしれないけど。
キースはやっぱり怖かったです。何度見ても。
サムのほうがいい男に見えたのはわたしだけじゃないはずだ!

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : レイン カリナ ユウイ ジョミー キース ブラウ トォニィ

section11の先行カットで赤面してんのあれウィリー?

ウィリー(ハーレイ艦長の愛称。勝手に。)もびっくりだがキースにもびっくりだ!顔怖っ!でこ広っ!眉毛変!(失礼)

section11の先行カットが出てました。

暮れなずむナスカでたそがれてるジョミー。が、3枚も。そのうち一つには墓標っぽいものが描いてあるけど誰の?サムの?
ジョミーとユウイが並んでるカットで親子っぽいと思ってしまったのはきっと髪の色のせい。
スプーンを持ってる子は実はドクターの隠し子?
赤子が可愛い!未知の生物に興味津々なナキネズミに興味津々な赤子がとっても可愛い!!
こんなの見ちゃったら、ニナだって赤ちゃん欲しくなっちゃうよね。
雨に濡れるゼル機関長、お色気担当に路線変更。(ないないない)

うーん、でもやっぱりキースの衝撃にはかなわないなー。
とか書いててキースじゃなかったらどうしよう。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

redeye

その紅き瞳は凶星を映す。


今後の展開を考えてみると、やっぱりブルーは目を覚ますのでは、と。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

UVERWorldのインタビュー記事を読みました

記事の引用は、BACKSTAGE PASS 2007/07より。

やや原作ネタバレ気味なので、未読の方はご注意を。また、「地球へ…」を中心に据えたインタビュー読解(というか感想)なので、UVERWorldのことは詳しく知りませんがご容赦ください。

まず最初に感謝。ボーカルで作詞担当のTAKUYA∞さんが、ちゃんと原作を読んでイメージを膨らませて作詞をしてくださったことに。

まず、僕が原作を読ませて頂きまして、「アニメありき」で作った曲なんです。


他のアニメの事情は知りませんが、アニメの主題歌としてオファーを出すほうが多いんでしょうか。普通に楽曲ありき(またはアーティストのネームバリューとかそっち優先)だと思っていたので、意外でした。
原作の冒頭で、環境破壊によって地球が壊滅的なダメージを受けていること設定に驚き、(マンガは)30年も前のものだけど、今自分たちがリアルに直面しなくてはいけない問題ではないかと思ったそうです。

そんなことを考えていたら、一番に見えてきたのが”地球最後の景色”という意味で”endscape”という言葉だった。


最後の景色!原作の地球最後の景色といったら、まさに崩壊寸前ですよね。
歌詞の中にある「僕たちは この世界に 永く 生き過ぎたのかな」は、

もっと早く地球上の生命体は滅びるべきやったのかなと思うんです。


「こういう言い方をしたらあれなんですけど」って前置きをした上で。オープニングの画像つきだと、この「生き過ぎた」のはソルジャー・ブルーをはじめとするミュウたちに見えますよね。

「地球へ…」って、キャラクターの相関関係やストーリーを考えさせられるだけでなく、地球や宇宙に思いを向ける一端にもなる、いろんな読み解き方がある作品です。

みんなはね、終わりがすっごい近いところまで来ているって知ってるんですけど、何もしてないっていうか。だからその辺を「5年先」って具体的に言ってみたっていうか。


ここは、オープニングでは流れていない2番の歌詞について。「5年先 なりたい自分を」って歌詞があるんですけど、すぐそこまでせまった「終わり」から目を逸らさず、5年先「こうなっていたらいい」ということに対して、今できることをやろう、と。10年先だと遠すぎて見えないから、5年先なら見えてくるのではないかと。ライブに来てくれる若い子達に向けて、5年先にどうなっていたいから、今何をしたらいいのか考えるきっかけになれば…ってことだと解釈しました。
悲観するだけじゃなくてね。何かできるはずだ、という希望の方に目を向けて欲しいんでしょう。

でも「答えは無い」んですよね。問題集の回答例みたいな答えはね。

endscape」を改めて聞いてみると、歌詞の一つ一つが「地球へ…」の世界観とぴったり当てはまると思うんです。TAKUYA∞さんの作詞の才能に感服です。
ただ、1番はアニメ用で壮大に、2番は聞いてくれる人に身近な感じに、詩の内容がかなり変わってるのでフルコーラス通して聞くとちょっとバランス悪いかも。

でも大好きです。そのうち買います!

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : UVERWorld endscape

section10:逃れの星

今回一番びっくりしたのは、「ミュウたちは、地球がどこにあるか知らない」って設定でした。
おいおい、地球を目指してアルテミシアを旅立ったんじゃなかったんかい。
地球サイドの人間とっ捕まえて尋問すれば(頭の中読んでみれば)分かることなんじゃないの?
ていうか、行き先も分からずに出航させちゃった責任をどうする気ですかブルー。時期ソルジャーに丸投げですか。うっかりブルーに同情しちゃったジョミー、今頃大後悔時代ですよ。

今週の名作劇場は、ピーターパンに引き続き「白鯨」をお送りしてました。白鯨と言えば、「ムーの白鯨」しか知りませんが。(それはどうかと)

面白かったとこだけピックアップ
・名前覚えられなかったけど、オッドアイのおばちゃんが姐御キャラになっててすっごい惚れました。
・小物使いがマニアックで楽しかったです。
・教授が艦長のとこに持ってくる「合成ラム酒」だとか
・ワープドライブ直すのに必要な「ジルナイト鉱石」だとか
・ナキネズミがくわえてくる「クコ(?)の実」だとか
・生活感というか、リアル感出すのってこういう小物が案外効いてくるもんなんだなあと。
・エラ女史が実はハーレイより若い。(アルタミラ生存組ではない)
・あの赤い星より、地球よりキミのほうがずっときれいだ!と言う台詞に思わず赤面。(見てるほうが)
・惑星系の名前もいくつか出てきたけど覚えられず。
・でもナスカはジタン太陽第7惑星。
ナスカは「赤き乙女」で命名はフィシス
・以後、フィシスは超有名占い師「ナスカの母」としてナスカに君臨する。(嘘)

カリナに「何故子供を作らないのですか」と言われて初めて、子孫を残し、新しいミュウの歴史を作ることも可能だと気づくジョミー
シャングリラで育った子供たちは、自分たちより若いミュウがいないからいつまで経っても子ども扱い、と愚痴を。そこでカリナがさっきの発言。カリナが看護師を目指していると言うくだりから、この辺までの会話の流れがすごく自然で分かりやすかったです。
教授とフィシスを従えてブリッジに現れ、ナスカを新しいミュウの拠点にすることを提案し、シャングリラナスカへ降り立つ。 このブリッジでのハーレイとオッドアイ姐さんの会話が好き。
「ソルジャーとは本来、『戦士』という意味だそうだ」って台詞も好き。

来週はナスカで子供が生まれるようです。
サムも出てくるよ!1話でジョミーがもらったルナパーク(プレイランドだっけ?)のチケットが出てくるよ!サムが本物のナキネズミを連れてるジョミーを思わずリスペクトしてしまい、ミュウ側に寝返るとか…ないよなぁ。

他の細かい感想は以下。

続きを読む »

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ナスカ ジョミー フィシス ハーレイ シャングリラ アルテミシア カリナ

section10の先行カットが女子まみれ

過去最多の女子登場率ですよね、これって。やっぱ女の子がいたほうが華があって良いなあ。
金髪の前髪ぱっつんの子は、男の子かな。その横カットが多分カリナ?
スゥエナが!スゥエナがママンになって再登場ですよ!ベビーの髪が赤いのは何の意図が…。成長してトォニイに?(なりませんよ)スゥエナが産んだ子ではなくて養子だからなあ。彼女がいる場所は、アタラクシアなんでしょうか。そうだとして、子供の頃見ていた風景とまた違った風景に見えているのではないかと。大人は子供より、いろいろな事情を知っているから。
スウェナのもうひとつのカット、横顔のがちょっと穏やかでない表情に見えたので、そんなことを想像してみました。

ジョミーの肩に、常にナキネズミが乗っかっているのが可愛くて笑えるんですが。スタッフさん、相当ナウシカ好きでしょ。(断言)
ブルーはご存命。ホントにナスカまで生き残るとは思わなかった。でも寝たきり。
ていうか、あのメガネリーゼントは何者?!めっちゃ気になる…。ジョミーをひよこ呼ばわりするためだけに出てきたりして?(メガネ偏見)

以下、section09と原作ネタバレ独り言。

続きを読む »

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

8月8日発売「地球へ… DVD Vol.1【完全生産限定版】」の姿見を見ました。

公式のNEWSに載ってたので、amazonで見てきました。
竹宮恵子先生書き下ろしのブルーが美人で目の保養。
竹宮先生のブルーは正面向きですが、アニメ絵の方は横顔で、これもまた美人。アニメの横顔って、ちゃんと頭の大きさに釣り合った首の太さでなんだか安心します。
ジョミーがママンのシャツ(ジャケット)着ているのがなんだか懐かしい気さえします。今度の土曜でもう10話。早いなあ。


地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
結城信輝 (2007/08/08)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

太陽系外の地球型惑星

地球型惑星、海も存在? 太陽系外で初の発見
SANKEIWEB 4th/jun./07
以下、リンクの記事より抜粋。

 欧州南天天文台の研究チームは4月下旬、てんびん座の方向にある星の近くで、地球型惑星を見つけたと発表した。「グリーズ581C」と命名されたこの惑星は、表面温度が摂氏0~40度。海があり、生命が誕生している可能性がある初めての太陽系外惑星だ。



地球からの距離が20.5光年だそうですよ。メジャーな恒星がそれぞれ、シリウス4光年、ベテルギウス400光年、スピカ260光年、アンタレス600光年と言われているので、比較的地球から近いところにあったんですね。
惑星は恒星と違って自ら光も熱も発していないので、望遠鏡では観測できなかったそうです。技術の進歩によって、計算で見つけることが可能になったらしいです。

系外惑星は主に「ドップラー法」と「トランジット法」という方法で間接的に見つける。前者は惑星の軌道半径とおよその質量、後者は直径が分かり、密度を計算すれば主成分を推定できる。



これによって「太陽に似た恒星の10%は地球型惑星を持つ」という理論値が導き出されたそう。(東京工業大大学院の井田茂教授による)

計算上のことではあっても、天文台から惑星を発見できるなんて。でも探査機を出して本当にその惑星が地球と同じ性質なのか、確かめてこなければわかりませんよね。

…ナキネズミがいたりとか。

探査機と言えば、「地球へ…」が連載された1997年、アメリカがボイジャー1号と2号を打ち上げました。ボイジャーには、地球外生命体へ向けてのメッセージレコードや写真が積み込まれていました。2基のボイジャーは今尚飛び続け、太陽系外へ向かっているそうです。1号が太陽から140億キロメートル、2号が120億キロメートル。
ボイジャー1号・2号、太陽系の果てからの報告
AstroArts 5th/jun./2007

section09:届かぬ思い

2回も見たのに、シロエの最期が印象強すぎて他がみんな曖昧です。原作読んだから、こうなるって分かってて見たのに、やっぱだめ。だってねえ、シロエ総集編のエンディングですよ。微笑む仔シロエですよ。主役交代かと思いましたわ。来週何事も無かったかのようにシャングリラにいたらどうしよう。(とか書いてないと、本気で悲しいので。)

サイオンチェックを受け、自室に軟禁されるシロエ。追っ手を逃れ、通風孔から脱出したところにまたま通りかかった(のか、知っててそこに出たのか)キースと遭遇。
キースはシロエを自室へ連れ帰り、手当てをしますが、目覚めたシロエは相変わらず反抗的。キースをお前呼ばわり。
何故マザー・イライザに逆らうのかと問うキース。機械の言いなりになって生きることに意味などないと応えるシロエ。忘れたくなかった大切な思い出、離れたくなかった両親や育った土地。それら大切なものをすべて奪ったTERRA'S NO.5が憎い、と。
「大好きだったことしか思い出せないけど」ってセリフが切ない。ところどころ抜け落ちた記憶が、セピア色で穴の開いた絵の演出で分かりやすくて良かったです。
キースに自分の気持ちが分かるわけがない、あなたは成人検査を受けていない、本当にマザー・イライザのお人形なんだから。シロエにそう言われて動揺するキース
話の核心に入ろうとするところで警備兵が乱入。取り押さえられながらもシロエは、「フロア001へ行って真実を自分の目で確かめろ」とキースに言い残します。ストレッチャーで運ばれていくシロエの傍らにはピーターパンの絵本が。これって、キースが乗せてあげたんでしょうね。目覚めるなり抱きしめた絵本だもの。
翌日、訓練飛行もミュウからのコンタクトもすっかり「なかったこと」にされている事実を知って驚愕するキース。シロエのことも、同級生たちは最初からいなかったかのようにきれいさっぱり忘れていました。
(この前後に、E-1077のスタッフが「記憶消去」の操作をしているシーンがあるんですが、このシーンが怖かった…。普通に、世間話をしながら不要なファイルを消すように「消去、40%完了」とか言ってるんです。それを不快なことと感じながらも、自分たちもそうして記憶を操作されていることを肯定している。飼い慣らされてるんですね。)
そこで再び、ジョミーからのコンタクトが。今度はさらに強烈で、ステーション中の人間が精神に干渉を受け、幼児に後退してしまいます。皆が子供の夢に浸る中、キースだけが干渉されず、ステーションの全機能を停止させてジョミーのコンタクトを切断、システム再起動を促します。
水を差すようで申し訳ないんですが、精神に直接訴えかけるものを機械的にシャットアウトってできるんですか?
…まあいいや。
事態を収束させた後、キースはマザー・イライザと対面し、シロエに言われたことで混乱する気持ちを全部ぶちまけます。しかし今回もマザーは答えをくれません。キースを抱きしめ、私があなたの過去に、故郷になりましょう、と。色仕掛けに方向転換したかと思いきや、突然「セキ・レイ・シロエが逃亡しました。追いなさい。」冷徹な声で命令が下ります。
先刻のジョミーからの精神干渉で潜在能力が目覚めたシロエが、拘束具を吹き飛ばして練習艇で脱出していました。
ピーターパンの物語をうわごとのように暗唱しながら、「僕も行きたいなあ…ネバーランド…」とつぶやくシロエ。大好きなパパが言っていた言葉をふと思い出します。「もっといいところへ行けるよ…地球(テラ)だ」。
シロエの目には、大好きだったママとパパ、ピーターパンしか見えなくなっていたんでしょう。後ろを振り返り、「ママ!パパ!…ああ、そこにいたんだ」って、いるはずの無いものに、懸命に話しかけるシロエが哀れで。「一緒に、地球へ連れて行ってくれるって、ねえ、ピーターパン!」

ピーターパンの物語暗唱もほぼ終わりに差し掛かり、子供は大人に…というくだりで。
「嫌だ!大人になんかなるもんか!」突然シロエ絶叫。
これ、「学校へ行って、働きに行かされて」ってセリフは無いほうが良かったんじゃないかと。大切なものを全部奪われてしまう、それが嫌なんだと分かればいいので。
シロエの暗唱と交互に、キースの独白も入ってました。シロエの言動に混乱させられたと思っていたましが、それは混乱ではなくて、痛いほどの。「多分…本当は…」セリフはココで途切れますが、「憧れ」だったんじゃないかと思います。命さえ惜しくないほど、大切な思い出。それを守りたいが為に、マザー・イライザに反抗すること。どちらもキースには無いものだから。
「いつまでも、どこまでも、自由に飛び続けるんだ!」
目を輝かせ、両手をいっぱいに伸ばし。
シロエは光に飲み込まれ…。
キースが流した涙は、自責の涙だったんでしょうか。殺したくはない、でも命令には逆らえない、もし僕が、君のようであったら…と。マザーの命令で人を殺すことで、キースの自我がやっと芽生えそうです。お人形から人へと。

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : キース ピーターパン

section09先行カットがシロエまみれ

うなされるわ叫ぶわでこに冷却シート貼ってるわ取り押さえられるわ拘束されるわ昏睡するわ、大活躍ですね、シロエ
オープニングの例のシーンは、来週まで持ち越すかなぁ。見たいような見たくないような。オープニングで見せたので本編ではさっくりスルーとか、ないですよね?(ブルーの補聴器といい…。)

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : シロエ

いらっしゃいませ。

藤次郎

Author:藤次郎
コメント、トラックバック、ブックマークはご自由にどうぞ。
※プロフのナキネズミは刹那さんから頂きました。ありがとうございます!可愛いです愛しいです幸せです~。

※webclapを外しました。今までぽちぽちしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
もし何かありましたら、sakurananatsu☆gmail.com宛てにお願いします。(☆→@に変更してください。)

blogparts

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。