スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

section09:届かぬ思い

2回も見たのに、シロエの最期が印象強すぎて他がみんな曖昧です。原作読んだから、こうなるって分かってて見たのに、やっぱだめ。だってねえ、シロエ総集編のエンディングですよ。微笑む仔シロエですよ。主役交代かと思いましたわ。来週何事も無かったかのようにシャングリラにいたらどうしよう。(とか書いてないと、本気で悲しいので。)

サイオンチェックを受け、自室に軟禁されるシロエ。追っ手を逃れ、通風孔から脱出したところにまたま通りかかった(のか、知っててそこに出たのか)キースと遭遇。
キースはシロエを自室へ連れ帰り、手当てをしますが、目覚めたシロエは相変わらず反抗的。キースをお前呼ばわり。
何故マザー・イライザに逆らうのかと問うキース。機械の言いなりになって生きることに意味などないと応えるシロエ。忘れたくなかった大切な思い出、離れたくなかった両親や育った土地。それら大切なものをすべて奪ったTERRA'S NO.5が憎い、と。
「大好きだったことしか思い出せないけど」ってセリフが切ない。ところどころ抜け落ちた記憶が、セピア色で穴の開いた絵の演出で分かりやすくて良かったです。
キースに自分の気持ちが分かるわけがない、あなたは成人検査を受けていない、本当にマザー・イライザのお人形なんだから。シロエにそう言われて動揺するキース
話の核心に入ろうとするところで警備兵が乱入。取り押さえられながらもシロエは、「フロア001へ行って真実を自分の目で確かめろ」とキースに言い残します。ストレッチャーで運ばれていくシロエの傍らにはピーターパンの絵本が。これって、キースが乗せてあげたんでしょうね。目覚めるなり抱きしめた絵本だもの。
翌日、訓練飛行もミュウからのコンタクトもすっかり「なかったこと」にされている事実を知って驚愕するキース。シロエのことも、同級生たちは最初からいなかったかのようにきれいさっぱり忘れていました。
(この前後に、E-1077のスタッフが「記憶消去」の操作をしているシーンがあるんですが、このシーンが怖かった…。普通に、世間話をしながら不要なファイルを消すように「消去、40%完了」とか言ってるんです。それを不快なことと感じながらも、自分たちもそうして記憶を操作されていることを肯定している。飼い慣らされてるんですね。)
そこで再び、ジョミーからのコンタクトが。今度はさらに強烈で、ステーション中の人間が精神に干渉を受け、幼児に後退してしまいます。皆が子供の夢に浸る中、キースだけが干渉されず、ステーションの全機能を停止させてジョミーのコンタクトを切断、システム再起動を促します。
水を差すようで申し訳ないんですが、精神に直接訴えかけるものを機械的にシャットアウトってできるんですか?
…まあいいや。
事態を収束させた後、キースはマザー・イライザと対面し、シロエに言われたことで混乱する気持ちを全部ぶちまけます。しかし今回もマザーは答えをくれません。キースを抱きしめ、私があなたの過去に、故郷になりましょう、と。色仕掛けに方向転換したかと思いきや、突然「セキ・レイ・シロエが逃亡しました。追いなさい。」冷徹な声で命令が下ります。
先刻のジョミーからの精神干渉で潜在能力が目覚めたシロエが、拘束具を吹き飛ばして練習艇で脱出していました。
ピーターパンの物語をうわごとのように暗唱しながら、「僕も行きたいなあ…ネバーランド…」とつぶやくシロエ。大好きなパパが言っていた言葉をふと思い出します。「もっといいところへ行けるよ…地球(テラ)だ」。
シロエの目には、大好きだったママとパパ、ピーターパンしか見えなくなっていたんでしょう。後ろを振り返り、「ママ!パパ!…ああ、そこにいたんだ」って、いるはずの無いものに、懸命に話しかけるシロエが哀れで。「一緒に、地球へ連れて行ってくれるって、ねえ、ピーターパン!」

ピーターパンの物語暗唱もほぼ終わりに差し掛かり、子供は大人に…というくだりで。
「嫌だ!大人になんかなるもんか!」突然シロエ絶叫。
これ、「学校へ行って、働きに行かされて」ってセリフは無いほうが良かったんじゃないかと。大切なものを全部奪われてしまう、それが嫌なんだと分かればいいので。
シロエの暗唱と交互に、キースの独白も入ってました。シロエの言動に混乱させられたと思っていたましが、それは混乱ではなくて、痛いほどの。「多分…本当は…」セリフはココで途切れますが、「憧れ」だったんじゃないかと思います。命さえ惜しくないほど、大切な思い出。それを守りたいが為に、マザー・イライザに反抗すること。どちらもキースには無いものだから。
「いつまでも、どこまでも、自由に飛び続けるんだ!」
目を輝かせ、両手をいっぱいに伸ばし。
シロエは光に飲み込まれ…。
キースが流した涙は、自責の涙だったんでしょうか。殺したくはない、でも命令には逆らえない、もし僕が、君のようであったら…と。マザーの命令で人を殺すことで、キースの自我がやっと芽生えそうです。お人形から人へと。
スポンサーサイト

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : キース ピーターパン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ。

藤次郎

Author:藤次郎
コメント、トラックバック、ブックマークはご自由にどうぞ。
※プロフのナキネズミは刹那さんから頂きました。ありがとうございます!可愛いです愛しいです幸せです~。

※webclapを外しました。今までぽちぽちしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
もし何かありましたら、sakurananatsu☆gmail.com宛てにお願いします。(☆→@に変更してください。)

blogparts

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。