スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

section21:星屑の記憶

アルテラああああぁぁぁぁぁぁ…

「みんなを助けたいだけだったのに、戦えば戦うほど、自分が化け物だと自覚する…みんなから心が離れるばかりで…」
「戦いなんて大嫌い!それをさせるジョミーも大嫌い!」
本当は、淋しかったのに。抱きしめて、良く頑張ったねって、言って欲しかったのに。
強がって見せたのは、他に自分を守るすべを知らない、幼い彼女達の精一杯の抵抗だったんですね。そう思ったらもう泣けて泣けて…。
トォニィが、ジョミーはナスカで救えなかった仲間達への罪を償うために、心で泣きながら戦っているとちゃんと知っててくれて安心しました。ジョミーのことを「彼」って言い直したのが意外でした。
「僕達は望まれて生まれてきた。パパやママ、ジョミーに。僕達は、生まれた時からすでに愛されている。」
キミは愛されているから、僕が守るから、どうか泣かないで。アルテラを抱きしめたトォニィ。強い子。

コブ、タージオン、アルテラの死に様がどれも壮絶で、言葉を失いました。生々しすぎる。
アルテラの遺体を抱いて、力を暴走させるトォニィ。タイプブルーの暴走はすさまじく、艦隊単位で船が消滅。ジョミーが「このままではキミが壊れてしまう」とトォニィを後ろから抱きかかえてそれを止めさせます。ジョミーは、カリナのことを思い出したでしょうね。トォニィには、ジョミーの涙が見えたでしょうか。

シャングリラに戻り、アルテラが収められた袋の前で泣くトォニィ。ペスタチオから渡されたカップには、アルテラからのメッセージ。
何言ってんだよ!って照れ隠しも、もうできないね。

ナスカっ子の戦死でそうとうへこんだので、もう一回見直したら書き直します。
スポンサーサイト

テーマ : 地球へ… - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いらっしゃいませ。

藤次郎

Author:藤次郎
コメント、トラックバック、ブックマークはご自由にどうぞ。
※プロフのナキネズミは刹那さんから頂きました。ありがとうございます!可愛いです愛しいです幸せです~。

※webclapを外しました。今までぽちぽちしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
もし何かありましたら、sakurananatsu☆gmail.com宛てにお願いします。(☆→@に変更してください。)

blogparts

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。